業務内容
ボディコーティング
カーポリッシュ
ウィンドウ撥水コート
ヘッドライトクリアコート
ホイールコート
ルームクリーニング
カーフィルム
カーウォッシュ

カーポリッシュ

カーポリッシュとは?

ボディコーティングの仕上りを左右する要因として大きな比率をもつのが「下地処理」と いわれるポリッシュ作業です。基本的には、コーティングそのものにボディのトラブルやキズを 修復する性能はありません。特に最近主流ののガラスコーティングに関しては、コーティングを 施工する前のボディの状態がもろに現れてしまいます。経年車で、下地処理をせずに いきなりガラス系のコーティングを施したら、施工前よりもキズが目立ってしまった!というような トラブルの心配もあるのです。
 勘違いしてしまいやすいのが、コーティングをすれば新車のような美観に戻り、 それを持続してくれると思ってしまうことですが、実際にはコーティングをするだけでは 車はピカピカにはならないのです。

どの程度のポリッシュが必要なのか?

ポリッシュ前
ポリッシュ後
コーティングの仕上りは下地処理のポリッシュで左右される。 ではどの程度ポリッシュすれば良いのか?ポリッシュとは簡単に言ってしまえば「磨き」です。 普段の生活使用の中で愛車のボディに付いてしまった「洗車キズ」や「雨シミ」等のトラブルを 取り除く作業なのですが、この作業は言い方を変えると、ボディの塗装面を削るという作業なのです。 ですから,ただ磨けばいいという訳ではありません。クリア層の肌を極限まで磨き、鏡面仕上げにすれば 仕上りは最高にキレイかもしれませんが、塗装膜の寿命は確実に縮みますよね? ですから当店では、お車の塗装面の状態と施工するコーティングの種類、ボディカラーや 年式等を総合的に判断して、お客様にポリッシュコースをご提案しております。
上の2枚の写真は紛れも無く、同一車両のボンネット画像です。ちなみに平成6年式の軽自動車ですが、 左の画像は経年の洗車キズや酸性雨による雨染み等で艶も無くライトの映り込みもぼやけていました。 右はポリッシュで再生したものですが、細かなキズは全て見えなくなりライトの 映り込みもすっきりしました。まるで違うボディカラーのようです。
特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright(C) 2007 LUSTER Co., Ltd. All Rights Reserved.